大腸がんの原因を知って予防しよう|病気は早めの治療が大切

早期発見で完治する

腹痛の男性

大腸がんは40歳を過ぎると増加するので、一年に一回は大腸がん検診を受けることをお勧めします。検査を受けることによって早期に発見することができ、早期に治療を始めることができるので、再発を免れることにもつながりるでしょう。

More

近年増加傾向

お腹を押さえる女性

大腸がんは近年増加しているがんの一つです。食生活の欧米化に伴い、肉や油などを摂取する機会が多くなっているからです。そして肥満や運動不足、飲酒や喫煙なども大腸がんをはじめとして発がんリスクを高めています。

More

大腸に癌が生じる原因とは

入院するシニア女性

生活環境が強く影響します

大腸は、体の水分の吸収および便を作り出す役目を果します。 大腸は、盲腸や結腸そして直腸に区分けされ、結腸は、加えて上横、下行結腸そしてS状結腸に分かれます。 大腸がんは、食事内容の欧米化により増加しています。 大腸がんは、直腸がんおよび結腸がんが存在します。 結腸がんは、これまでだと国内ではあまりいなかったのですが、このところ急激に増加しています。 大腸ガンが起こる原因は明白に判明していませんが、大腸がんの死亡する率は国家によって非常に大きなギャップがあり、死亡する率の小さい国の方が高水準の国に移住すると大腸がんの死亡する率も上がることから、周辺環境や習慣が非常に大きく影響を与えているものとされています。

食習慣と遺伝の要因とは

日本において、食事の習慣が欧米化し脂肪の用いる量が伸びてくるに応じて、大腸がんの死亡する率も少しずつ引き上がっています。 大腸がんの死亡する率もしくは罹患する率については、動物性脂肪や炭水化物そして、砂糖などの摂り込みがたくさんある方ほど高水準で、その反対に、穀類であったり豆類といった植物性繊維のたくさんある栄養を摂取している方の大腸がんの率が小さいという研究の結果も見受けられます。 さらに、親族に大腸がんの方がいることは、遺伝的にがんのリスクと評されています。 加えて太り過ぎや飲酒についても大腸がんになる危険性とされています。 それに加えて危険性が高いのは飲酒といえます。 飲酒による大腸がんの可能性は1日当たりの飲む日本酒の量により危険度が増します。

増加し続けるがん

横になる女性

大腸がんは、動物性食品や糖質の過剰摂取によって発症リスクが高くなります。食の欧米化が進んだことにより、日本人の大腸がん発症数は年々増加しています。動物性食品と糖質の摂取を控える、食物繊維を摂取することが大腸がんの予防になります。

More